メディカルマネージメントリサーチ 0466-33-3201

「承継」事始め

 ㈱メディカル・マネージメント・リサーチでは、30年前より先生方の開業支援をおこなってまいりました。
その当時より「開業」を考える先生方に対し、開業とは「25~30年の人生の選択」と言ってまいりました。

開業した以上、25~30年の時間をかけて「先生1人1人」の「医業」を成長させていく。その中でより良い方法を院長に選択して頂くために開業支援という形でコンサルティングを行ってまいりました。
そんな先生方も「25年」や「30年」という歴史を作り上げて、次の人生の選択肢に取りかかる時期を迎えており、その中の検討課題の1つとしてあげられるのが、「医療事業の承継」です。

近年のクリニック経営は、先生方も認識されている通り容易ではありません。

続きを読む: 「承継」事始め

人事労務の視点での医療事業承継 vol.1

医業事業の承継先を探すのにあたり、承継先を早く見つける重要なPOINTとして、「現在行っている医療事業に高い付加価値を付ける」ということがあげられると思います。

今回は承継を2~3年後に考えている先生方向けに、人事労務の視点からこの付加価値を如何にして付けるかをテーマに情報を提供していきます。

続きを読む: 人事労務の視点での医療事業承継 vol.1

人事労務の視点での医療事業承継 vol.2

医業事業の承継先を探すのにあたり、承継先を早く見つける重要なPOINTとして、「現在行っている医療事業に高い付加価値を付ける」ということがあげられると思います。

今回は承継を2~3年後に考えている先生方向けに、人事労務の視点からこの付加価値を如何にして付けるかをテーマに情報を提供していきます。

続きを読む: 人事労務の視点での医療事業承継 vol.2

子宮頸がん Part1

子宮がんは子宮の入り口に発生する子宮頚がんと赤ちゃんが育つ場所である子宮体部に発生する子宮体がんの二つに大別されます。

子宮頚がんの罹患率は女性特有のがんとして乳がんに次いで第2位であり、20~39歳という比較的若い世代において発症することが多いとされます。
また他のがんが横ばい状態であるのに対し子宮頚がんは年々増加の一途を辿っています。

続きを読む: 子宮頸がん Part1

子宮頸がん Part2

【子宮頸がんヒトパピローマウイルス(HPV)の型】

HPVは現在、100以上の型が同定されています。
その型はウイルスの遺伝子の相同性により分類され、良性のものとしては、現在はあまり見られなくなりましたが、手の皮膚などにイボを発生させる1,2型や性器粘膜などに感染してコンジローマの原因となる6,11型などが知られています。
近年、がんに発展するリスクの大小は感染したウイルスの型によることが大きいということが判明し、がん化させる可能性が低い「底リスク型」と、比較的高い「高リスク型」があることが分かってきました。

続きを読む: 子宮頸がん Part2